一時的な口臭

口臭は気づかないうちに起こっている場合があります。口臭に早く気づくためにも定期的なチェックが必要であります。

口臭のチェック方法についてここではご説明をいたします。口臭のチェックはどのようにしたら良いのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。しかし、口臭のチェック方法は誰でもできる簡単な方法ばかりであります。

まずビニール袋などに息を吹き込み、その息を確認するようにいたしましょう。
手順といたしましてはビニール袋に息を吐き、ビニール袋の入り口をすぐに閉めます。その後、袋の中の匂いを嗅いでチェックするという方法になります。この方法はビニール袋ではなくコップなどで代用することもできます。

次に唾液の匂いを直接嗅ぐ方法があります。唾液の匂いを嗅ぐ場合の方法といたしましてはまず指先を口の中に入れます。次に指先に少量の唾液を付けましょう。最後に唾液を付けた指先を鼻に近づけて口臭チェックを行いましょう。

次に電子機器を用いて口臭チェックを行う方法があります。使用されます機器は市販で販売されている口臭チェッカーとなります。この口臭チェッカーはご自身の口臭を数値化してくれるためとてもわかりやすいです。

以上のような方法によって口臭のチェックを行うことが可能であります。口臭のチェックはいずれもすぐに行うことができるような簡単な方法ばかりであります。ご自身の口臭が気になる方や心配な方はぜひ実践してみましょう。またこれらのチェックにより口臭が判明された場合には原因を突き止めることが大切になります。口臭の原因についてもご説明をいたします。

おすすめリンク

名古屋駅前の矯正歯科

名古屋駅直結や駅から徒歩5分以内にある雨の日でも通うことが嫌にならない矯正歯科医院はどこ?

定期的なチェック

口臭になる原因といたしまして飲食物が挙げられます。 口臭の原因となる飲食物といたしましてはアブラナ科の野菜、納豆、ニンニク、お酒が挙げられます。しかしこれらの飲食物による口臭は一時的なものになるため長期的な口臭とはなりません。 またこれらの飲食物の口臭への対策についてもご説明をいたします。

病気からも口臭は発生する

口臭は病気が原因で起こることもあります。 口臭の原因となる病気というと虫歯や歯周病などといったようなお口の中の病気をイメージされる場合が多いかと思います。これらのお口の中の病気に加え糖尿病や大腸癌などといったような体の病気も原因になることがあります。

お口の中の乾燥

緊張やストレスなどからお口の中が乾燥してしまうことがあります。 この乾燥が口臭の原因になってしまうこともあります。口の中が乾燥し唾液の分泌量が低下してしまうと細菌の増殖につながってしまいます。この細菌の増殖を防ぐためにはお口の中が常に乾燥していない状況でなければなりません。