>

定期的なチェック

口臭の原因となる飲食物

口臭の原因はいくつか挙げられます。
まず食事や飲み物によって口臭が起きる場合があります。飲食物によって生じる口臭は一時的であり長期的に続くような口臭ではありません。

口臭の原因となる飲食物といたしましてはアブラナ科の野菜がまずは挙げられます。アブラナ科の代表的な野菜にはブロッコリー、白菜などが挙げられます。アブラナ科の野菜にはインドールという成分が含まれておりこの成分が口臭の原因となります。次に納豆が挙げられます。納豆は発酵食品であるため刺激臭がいたします。次にニンニクが挙げられます。ニンニクに含まれているアリシンという成分が口臭の原因になります。次にお酒が挙げられます。お酒にはアルコールが含まれておりこのアルコールが口臭の原因になります。

食べ物による口臭対策

口臭の原因となる飲食物をご紹介いたしましたがこの他にも口臭の原因となる飲食物は豊富に存在いたします。
では飲食物によって口臭が発生した場合にどのような対応をすることが良いのでしょうか。続いて飲食物によって口臭が発生した際の対応方法についてご説明をいたします。

まず歯磨きを行うことが大切になります。
時間をかけて丁寧に歯磨きを行うことで歯磨き粉の成分がお口の中の匂いを取り除いてくれます。
しかし外出時など歯ブラシや歯磨き粉を持っていないといったような場合にはガムを噛むようにいたしましょう。ガムを噛むことで食べ物の匂いを消すことでき、さらには唾液量の増加にもつながるためお口の中が乾燥して口臭が発生するということも防ぐことができます。


この記事をシェアする